村上春樹 エッセイの通販人気ランキング

村上春樹 エッセイのお買い得情報をご紹介しています。

キーワード:



TOPページ | 前のページ | 次のページ

意味がなければスイングはない (文春文庫)

価格:605円 新品の出品:605円 中古品の出品:125円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー

遠い太鼓 (講談社文庫)

価格:497円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,250円
カスタマーレビュー
ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきた。その音を聞いているうちに、僕はどうしても長い旅に出たくなったのだ――。40歳になろうとしていた著者は、ある思いに駆られて日本を後にし、ギリシャ・イタリアへ長い旅に出る。『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を書き上げ、作家としての転換期となった、三年間の異国生活のスケッチブック。
雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)

価格:432円 新品の出品:432円 中古品の出品:66円
コレクター商品の出品:304円
カスタマーレビュー

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

価格:562円 新品の出品:562円 中古品の出品:155円
コレクター商品の出品:1,050円
カスタマーレビュー

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:4,436円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
f・スコット・フィッツジェラルドの母校プリンストン大学に招かれ、アメリカでの暮らしが始まった。独自の大学村スノビズム、スティーブン・キング的アメリカ郊外事情、本場でジャズについて思うこと、フェミニズムをめぐる考察、海外で深く悩まされる床屋問題――。『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』を執筆した二年あまりをつづった、十六通のプリンストン便り。

TOPページ | 前のページ | 次のページ